写真や動画を利用した副業ビジネスについて

今回はビゴライブというわりと新しめの映像ライブ配信アプリを使った映像ビジネスについてになります。
ライブ配信といえばYOUTUBEなどが多いとは思うのですが、ユーザーの数はビゴライブも多いそうです。
シンガポール生まれのせいか、そのユーザーの数の多さはほとんどが海外からという状態で、日本人がやっているとかなり目立てる可能性はあります。評判は上々で使いやすさからも広がってきている理由の1つです。

YOUTUBE配信する人はユーチューバーと呼ばれますが、ビゴライブ配信をする人はビゴライバーなどと
呼ばれているようです。
これを使ってどうやって稼げるのかと言いますと、自身の商品を説明して売り込みをしたり、自分自身を
ブランド化したりといったことになります。

ライブには全く知らない人も参加できますから、詐欺のような目に合わないようにだけは注意をしなければ
なりませんが、運営している会社はしっかりとしていますからそこまで怖がる必要はありません。

さて、このビゴライブを使って稼げる方法なのですが、ビーンズと呼ばれている投げ銭制度があるのが特徴ですね。
話すのがうまい人、人気ライバーなどはどんどん配信をすると、配信中に投げ銭やダイヤというプレゼントなどが
もらえるという仕組みになっています。

配信の視聴者の人たちは、ダイヤなどを配信者に送ることができますが、一つ3円程度など、ものすごく
低い金額から使うことが可能となっています。多めの金額や大金ですと詐欺も生まれかねませんし、
怖いものがありますが、この良心的でお小遣い程度のことから始められるというのも安心感に
つながっているのではないでしょうか。

そして、稼いだビーンズやダイヤはお金と同じです。日本円に変えることができます。
ただ、外貨と同じで、換金する率というものがありますので、そのまま全額もらえるというわけではありません。
率としましては2割ほど取られはしますが、たとえ少額でもすぐにお金が入って来ますとやる気も起きる方も
多いです。

そして驚いたことにランク付きの時給制配信者になることもできます。月ごとに最低配信時間はちゃんと
働かないといけませんので中々大変なようですが、日本人で長くやってらっしゃる方の中には
管理職クラスの年収くらい貰ったことがあるという人もいますので決してあなどれませんね。

そのうち既に売れてる芸能人が目をつけてビゴライブ配信を行うことが増える可能性がありますが、
芸能の方には本職をがんばって頂きたいという意見も多いようです。